スポンサードリンク

イチョウ葉と血栓

イチョウ葉エキスには、ケルセチンやルチン、カテキンなどの30種類以上のフラボノイドや ギンコライドなどの有効成分が含まれています。これらフラボノイド類は、活性酸素の消去作用、血小板凝集の阻害効果、炎症細胞からの活性酸素産生の抑制作用が認められています。



活性酸素は過酸化脂質の生成、血小板凝集、炎症反応などに関係し、神経細胞や組織の損傷を引き起こすため、生活習慣病や老化の原因と考えられています。さらに、脳梗塞などを引き起こす血栓の形成は、血小板凝集能の異常が原因とされています。血小板凝集能の異常を引き起こすものとして、血小板活性化因子(PAF)があります。



イチョウ葉エキスの含むギンコライドBは特異的な血小板活性化因子(PAF)の阻害物質であることが確認されています。



血小板活性化因子(PAF)は、血小板凝集だけでなく、アレルギー物質の放出、活性酸素の放出などを誘発するとされていて、血栓形成、アレルギー反応、炎症、気管支収縮、脳循環系の機能障害を引き起こす情報伝達物質として働くと考えられています。



したがって、イチョウ葉エキスは、脳梗塞や動脈硬化、そして花粉症などの予防にその効果が期待されているんですが、その他にも、血液循環改善作用、血圧上昇抑制作用、血糖値上昇抑制作用などの作用があるとされているようです。
イチョウ葉 サプリ By 楽天



イチョウ葉エキスの効能 / 銀杏と尿漏れ / イチョウ葉エキスと歯周病 / イチョウ葉エキスと前立腺肥大 / 狭心症とイチョウ葉エキス / 動脈硬化とイチョウ葉 / 頭痛とイチョウ葉エキス / イチョウ葉エキスと耳鳴り / イチョウ葉エキスと美容 / イチョウ葉エキスと高血圧 / イチョウ葉と高山病 / イチョウ葉と糖尿病 / イチョウ葉と血栓 / イチョウ葉と血行障害 / イチョウ葉と記憶力 / イチョウ葉と花粉症 / イチョウ葉と肩こり / イチョウ葉と認知症 / イチョウ葉エキスと血栓症 / イチョウ葉と冷え性 / イチョウ葉の副作用

スポンサードリンク






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。