スポンサードリンク

動脈硬化とイチョウ葉

イチョウ葉エキスが、動脈硬化の予防に効果があるようです。動脈硬化は、心疾患や脳血管疾患を引き起こすことが知られています。これらは、日本人の死亡原因の第2位と第3位にランクされていて合わせると第1位のがんに匹敵するほどの死亡者数となっています。



しかも、心疾患や脳血管疾患は、幸いにして死に至らなかったとしても、寝たきりや生活の制限が必要となることが多く、動脈硬化を予防することでの、これらの動脈硬化疾患を防ぐことは社会的に大きな意味を持つといえます。



動脈硬化は、動脈の血管壁が硬くなることですが、硬くなるだけでなく、血管の内側にも汚れがこびりついて血行が悪くなり、血液が詰まりやすくなる状態のことです。動脈がひどく傷んでくるのは40代からといわれます。



動脈硬化になる原因は、加齢、糖尿病、高血圧、喫煙などさまざまな原因が複合的に進行することによるとされていますが、特に悪化させるのは、悪玉コレステロールといわれるLDLコレステロールが過度に血中に存在することだとされています。



動脈は、しばしばホースに例えられます。健康な動脈は新品のホースのように弾力があり内壁もきれいで流れる血液も澄んで勢い良く流れています。それに対して動脈硬化の血管は硬くなってひび割れた古いホースに例えられます。しかも、その中を流れる血液は、脂肪や糖でドロドロになっていると考えられています。



悪玉コレステロールは、そんな動脈の血管壁におかゆのような脂肪のかたまり(プラーク)を作って、こびりつきます。そして、どろどろの血液が流れ続けると、プラークが大きくなって血栓ができ、最悪の場合、血管が詰まったり、破裂したりし、これらが心臓や脳血管で起こるのが重篤な心疾患や脳血管疾患なのです。



イチョウ葉エキスには、ケルセチンやルチン、カテキンなどの30種類以上のフラボノイドや ギンコライドなどの有効成分が主に含まれています。これらの有効成分の中でも、ギンコライドは、他の植物には存在せず、イチョウ葉特有の成分です。



イチョウ葉特有の成分であるギンコライドは、血管を広げ、血液の流れをよくし、血小板が固まるのを防ぎ、血栓をできにくくする効果や毛細血管の保護や強化をする働きがあるといわれています。さらにフラボノイドは、強力な抗酸化力をもつことで、悪玉コレステロールがプラークを作るのを防ぐとされています。



イチョウ葉エキスのこれらの作用が血液をサラサラにして動脈硬化を予防するとされています。

イチョウ葉 サプリ By 楽天



イチョウ葉エキスの効能 / 銀杏と尿漏れ / イチョウ葉エキスと歯周病 / イチョウ葉エキスと前立腺肥大 / 狭心症とイチョウ葉エキス / 動脈硬化とイチョウ葉 / 頭痛とイチョウ葉エキス / イチョウ葉エキスと耳鳴り / イチョウ葉エキスと美容 / イチョウ葉エキスと高血圧 / イチョウ葉と高山病 / イチョウ葉と糖尿病 / イチョウ葉と血栓 / イチョウ葉と血行障害 / イチョウ葉と記憶力 / イチョウ葉と花粉症 / イチョウ葉と肩こり / イチョウ葉と認知症 / イチョウ葉エキスと血栓症 / イチョウ葉と冷え性 / イチョウ葉の副作用

スポンサードリンク






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。